スポンサーリンク

容量の少ない2in1ノートにSDカードをVHDにして容量を確保してる

2020年11月6日

ほぼ自分のメモ用ですが記載。

2in1のwinodwsタブレットの調子が悪いので
OS再インスコしました。

OS再インスコの理由はイベントID:10016が発生しており不調で
コンポーネントサービスからsystemやadministratorsに権限を与えても
改善されなかったので行いました。

ちなみに先に結果を書きますが、再インスコしても改善してませんw

格安2in1はストレージが32GBとか64GBの
eMMC(SSDの減価版みたいなやつで容量少ない)しか
搭載してないのでSDカードを仮想ディスクにして容量を
確保しようとしてどうやったっけって忘れてたので備忘録として
書いてます。

単純にコンパネ→管理ツール→ディスクの管理→VHD作成の流れです。
少し掘って書いておきます。

1.コントロールパネルの出し方

アップデートきてWindows+Xでコンパネが起動しないため
スタート(画面一番左下ウィンドウズマーク)>Windowsシステムツール>コンパネで開きます。
この時スタートピンに止めておくと便利かも

2.管理ツールからディスクの管理へ

コントロール パネルすべてのコントロール パネル項目管理ツールコンピューターの管理ディスクの管理

3.VHD作成

ディスクの初期化→GTP選択
ここから下記の画像の順で今回はDドライブを使用しているので
Dドライブを選択してから作業になります。

操作→VHD作成

次にVHDの種類を選択します。
今回は最大限にSDカードの容量を使用したいので
VHDXを選択 容量はSDカードの空き容量を
そのまま入力
すればいいです。

VHDの作成がおわりましたら画面に新しいディスクが
作成されますので右クリックしてディスクの初期化

フォーマットが完了したらグレースケール部分の
フォーマット(未割り当ての部分)を
右クリック→新しいシンプルボリュームの作成
特にこだわりや縛りの条件がなければNTFSで
次へ次へでVHD作成完了。

4.Windows起動時に自動的にVHDをマウントするようにする

この方法は環境によって確実ではないですが一番楽な方法なので記載

自動起動はvhdファイルのショートカットを作成して
下記のスタートアップフォルダに移動

C:Usersユーザー名AppDataRoamingMicrosoftWindowsStart MenuProgramsStartup

※元は隠しファイルになっているので赤文字のユーザー名を自分の
アカウントに書き換えてコピペでいけます。

これで起動できない場合はバッチファイルを作成して
WindosタスクスケジューラーでWindos起動時に
実行するようにするとかがいいんじゃいのかと思います。
面倒なので今回は割愛します。

ただrobocopyの記事みてくれればイメージはつかめるはず。

 

スポンサーリンク