HOME スマホ

Samsung GALAXYS8+からOPPO R17neoに機種変した話

投稿日:2019年3月16日 更新日:

題名の通りですが機種変久々にしました。
理由は月々の料金の見直しです。

私の場合約9000円→3700円(機種代込み)になりましたが
実際S8+というフラッグシップモデルからミドルハイの
R17neoに変更した際の感想です。

ちなみに端末一括支払いで月々2,100円ほど

〇良い点
・月額費用が5,000円以上さがる
・CBと月割ふくめれば端末代は10,000円ぐらい
・データチャージがあるのでCBもらうまでチャージしておいて
 CBもらったら格安プランに変更は幸せにになれるかも
※CBもらうまで契約変更は禁止です CBは約4か月後の20日
・昔の端末(GALAXYS8+ SVC35)はSIMを入れ替えれば使用可能


※現時点でSIMロック解除必要な機種はSIMロック忘れてはならない
※UQは追加データチャージは毎月やらないといけない
(お金発生するって書いてあるけど2年間無料オプションつけてれば無料)

・ゲームはスナドラ835→660になるのででいままでやってた下記ゲームの高負荷時は多少カクつくがストレスはなし ただしゲームスペースというOPPO純正のツール設定をちゃんとしてる場合

検証ゲーム:
白猫(協力も結構サクサク) 
ロマサガRS(連帯時、全体攻撃時など) 
プリコネR (少しラグあるかも アニメーションは問題なし)
マギレコ(攻撃があたった瞬間少しラグる)

・この価格でストレージ128GB+DualSIM+MicroSDは助かる
・電池が結構もつ
・データ節約モードがのwidgetが秀逸 低速でも300kppsがでるのは助かります。ちゃんと立ち回ればおしゃべりプランSで余裕でいけます。
・ランニングコストとコスパは最高
・最初から保護フィルムは貼ってあるし、クリアケースは付属します
・ワイヤレスイヤホンの電池残量が確認できるしイヤホンジャックある

悪い点
・充電はMicroUSB B(Cじゃないですよ!Cの気持ちで方向間違うと物損!)
 ってかもともと端末の保証なんて頭に入れないほうがいい
・細かいソフトの連帯や代替が面倒 特に常駐ソフト関連 
 私の場合はメールソフトとGALAXY GEAR(スマートウォッチ関連)
 MMS?偉い人にはわからんのですが あんなの飾りですよ
・物理キーで電話受信できない(閉話は電源キー割り当て可能)
・開発者オプション有効にするとノッチ部分が黄色く点滅するし、時間がたつと勝手に開発者オプションを勝手に無効にする
・amazonなどでケースを購入すると、どうみても3Dプリンター作成しました的なチープなものが多い、Spigenケース愛用者などはそこは諦め前提で購入したほうがいいかと
・指紋認証??いらんけど有効にしてないとロック解除が面倒
・MNP時のイニシャルコストは多少かかる
・Gametuner使いたくなる
・ネームバリューはない OPPOってなんだよっていう人多い
・ところどころ日本語が???になる設定部分はある

メリット・デメリット考えていいスマホだと思います。
ただ激重ゲームをやりたい人やスマホで月50GBのデータ通信を行う人、
ある程度月額高くても2年ごとに新機種を使いたい人は
やめといたほうがいいかなって感じです。

メインはPCでスマホはサブって行動をできる人にはすごくありがたいかも
ケースに入れた画像は下記(GALAXYS8+で撮影)

-HOME, スマホ

Copyright© あとらくのブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.